Error calling GET https://www.googleapis.com/youtube/v3/search?part=id%2Csnippet&type=video&q=They%20Can%5C%27t%20Take%20That%20Away%20from%20Me%20jazz&maxResults=10&order=relevance&topicId=%2Fm%2F03_d0&videoEmbeddable=true&key=AIzaSyBA32dkX9mPTX4GUCNU0ULUSiRyNd3ELHk: (403) The request cannot be completed because you have exceeded your quota. They Can't Take That Away from Me ( 誰にも奪えぬこの想い ) -ジャズスタンダード曲 | JAZZ AXIS

They Can't Take That Away from Me ( 誰にも奪えぬこの想い )

発表・制作年:
1937
Wiki説明:
『誰にも奪えぬこの想い』(だれにもうばえぬこのおもい、原題:They Can't Take That Away from Me)は、ガーシュイン兄弟によるポピュラーソング。作詞アイラ・ガーシュウィン、作曲ジョージ・ガーシュウィン。 1937年公開の映画『踊らん哉』のために書き下ろされ、作中でフレッド・アステアがジンジャー・ロジャースのために歌い、スタンダード・ナンバーとなった。後年『ブロードウェイのバークレー夫妻』で2人が踊った。 初演版では、「あの作曲家が詠ったように、歌は終わってもメロディは残る。恋は終わっても想いでは続く」という意味の導入部(叙唱)があるが、これはガーシュイン兄弟がアービング・バーリンに敬意を評したものである。バーリンの「The Song is Ended」という歌の冒頭を指す。
楽譜:

Logo

More Jazz for you.

Notice

More songs and players are being updated in Jazz Axis Database on a monthly basis.

- Thanks -

Technology & Template

Powered by (APIs)