Error calling GET https://www.googleapis.com/youtube/v3/search?part=id%2Csnippet&type=video&q=Bill%20Bailey%2C%20Won%5C%27t%20You%20Please%20Come%20Home%3F%20jazz&maxResults=10&order=relevance&topicId=%2Fm%2F03_d0&videoEmbeddable=true&key=AIzaSyBA32dkX9mPTX4GUCNU0ULUSiRyNd3ELHk: (403) Access Not Configured. YouTube Data API has not been used in project 299221411084 before or it is disabled. Enable it by visiting https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/overview?project=299221411084 then retry. If you enabled this API recently, wait a few minutes for the action to propagate to our systems and retry. Bill Bailey, Won't You Please Come Home? ( ビル・ベイリーよ、家へ帰っておくれ ) -ジャズスタンダード曲 | JAZZ AXIS

Bill Bailey, Won't You Please Come Home? ( ビル・ベイリーよ、家へ帰っておくれ )

発表・制作年:
1902
Wiki説明:
「ビル・ベイリーよ、家へ帰っておくれ」(ビル・ベイリーよ、いえへかえっておくれ (Won't You Come Home) Bill Bailey, 原題: Bill Bailey, Won't You Please Come Home)は、1902年に出版されたポピュラー・ソング。日本語では次の曲名でも知られている。 * 「帰っておくれビル・ベイリー」 * 「ビル・ベイリー(帰っておいでよ)」 * 「ビル・ベイリーさん、帰ってくれないか?」 * 「ビル・ベイリー家へ帰っておいで」 * 「ビル・ベイリー、帰って来ておくれよ」 俗に、ただ「ビル・ベイリー」(Bill Bailey)とも呼ばれている。曲と歌詞は、アメリカのソングライターでピアニストであるヒューイ・キャノン(Hughie Cannon, 1877年 - 1912年)が書いた。この歌は今でもディキシーランド・ジャズやトラディショナル・ジャズ・バンドのスタンダードである。 この歌をカバーしたアーティストには、ルイ・アームストロング、キッド・オリー、パッツィー・クライン(Patsy Cline)、ボビー・ダーリン(Bobby Darin)、ブレンダ・リー、エラ・フィッツジェラルド、フィッシュ、ダニー・バーカー(Danny Barker)、マイケル・ブーブレ、レネー・オルステッド(Renee Olstead)などがいる。 通常、この歌はコーラスだけの省略版で演じられる。コーラスはヴァースよりもすごく聴き慣れているのに、それでもなおヴァースを、時にはイントロとして、演奏し続けるアーティスト達もいる。ヴァースを耳にすることは滅多なく、その歌詞も知られていないので、人々はビル・ベイリーがどんな人で、なぜ家に帰らないのかを知らない(珍しい解釈としてはボビー・ダーリンのバージョンがある。彼は架空のベイリーへのひそひそ話として、独自の語りのイントロダクションを付け加えたのだった)。この歌のトラディショナルなアレンジは、1965年のパリでのルイ・アームストロングの録音を元にしている。それも後述する。
楽譜:

Logo

More Jazz for you.

Notice

More songs and players are being updated in Jazz Axis Database on a monthly basis.

- Thanks -

Technology & Template

Powered by (APIs)