Error calling GET https://www.googleapis.com/youtube/v3/search?part=id%2Csnippet&type=video&q=On%20the%20Sunny%20Side%20of%20the%20Street%20jazz&maxResults=10&order=relevance&topicId=%2Fm%2F03_d0&videoEmbeddable=true&key=AIzaSyBA32dkX9mPTX4GUCNU0ULUSiRyNd3ELHk: (403) Access Not Configured. YouTube Data API has not been used in project 299221411084 before or it is disabled. Enable it by visiting https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/overview?project=299221411084 then retry. If you enabled this API recently, wait a few minutes for the action to propagate to our systems and retry. On the Sunny Side of the Street ( 明るい表通りで ) -ジャズスタンダード曲 | JAZZ AXIS

On the Sunny Side of the Street ( 明るい表通りで )

発表・制作年:
1930
Wiki説明:
「明るい表通りで」(あかるいおもてどおりで)あるいは「オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート」(英: On the Sunny Side of the Street)は、ジミー・マクヒュー (Jimmy McHugh) 作曲、ドロシー・フィールズ (Dorothy Fields) 作詞の1930年の曲で、ハリー・リッチマン (Harry Richman) とガートルード・ローレンス (Gertrude Lawrence) が主演したブロードウェイのミュージカル『リュー・レスリーのインターナショナル・レビュー (Lew Leslie's International Revue)』で最初に紹介された。 その後この曲は、ジャズのスタンダード・ナンバーとなり、多くの場合は器楽演奏で、テッド・ルイス (Ted Lewis)、デイヴ・ブルーベック、アール・ハインズ (Earl Hines)、ルイ・アームストロング、ベニー・グッドマン、ライオネル・ハンプトン、エロル・ガーナー、ディジー・ガレスピー、アート・テイタム、カウント・ベイシーといったジャズの巨人たちによって録音が残された。 1938年10月には、ファッツ・ウォーラーと彼のリズム (Fats Waller and His Rhythm) が、ルイ・アームストロング、ジャック・ティーガーデン (Jack Teagarden) と一緒に、マーティン・ブロック (Martin Block) のラジオ番組『メイク・ビリーヴ・ボールルーム (Make Believe Ballroom)』でこの曲を演奏した。このバージョンは、1981年にスミソニアン・フォークウェイズ (Smithsonian Folkways) から発売されたアルバム『Striding in Dixieland』(FW02816) に収録されている。 フランキー・レインはこの曲を録音してヒットさせたが、ほかにもダイナ・ワシントン、エラ・フィッツジェラルド、ジュディ・ガーランド、キーリー・スミス (Keely Smith)、ナット・キング・コール、ジョー・スタッフィード (Jo Stafford)、フランク・シナトラら名だたる歌手がこの曲を録音している。異論もあるものの、最も優れた編曲は、1945年のトミー・ドーシーとザ・センチメンタリスツによる録音のものとされている。
楽譜:

Logo

More Jazz for you.

Notice

More songs and players are being updated in Jazz Axis Database on a monthly basis.

- Thanks -

Technology & Template

Powered by (APIs)