Error calling GET https://www.googleapis.com/youtube/v3/search?part=id%2Csnippet&type=video&q=Flying%20Home%20jazz&maxResults=10&order=relevance&topicId=%2Fm%2F03_d0&videoEmbeddable=true&key=AIzaSyBA32dkX9mPTX4GUCNU0ULUSiRyNd3ELHk: (403) The request cannot be completed because you have exceeded your quota. Flying Home ( フライング・ホーム ) -ジャズスタンダード曲 | JAZZ AXIS

Flying Home ( フライング・ホーム )

発表・制作年:
1939
Wiki説明:
「フライング・ホーム (Flying Home)」は、1939年にアメリカ合衆国で作られたスウィング・ジャズの楽曲。ライオネル・ハンプトンのヴィブラフォンの演奏で広く知られる、32小節の AABA 構成のジャズの楽曲で、作曲は、ベニー・グッドマン、エディー・デ・ランゲ (Eddie DeLange)、ハンプトンの共作、作詞はシド・ロビン (Sid Robin) による。 伝説では、ハンプトンが初めて飛行機に乗ったとき、待たされる間にイライラしながら吹いていた口笛の旋律が、この曲に発展したとされている。初録音は、1939年11月6日のベニー・グッドマン・セクステットによるもので、ハンプトンと、チャーリー・クリスチャンのソロがフィーチャーされている。その後、いくつかのグループがこの曲を録音したが、その中で最も有名なのは、イリノイ・ジャケー (Illinois Jacquet) のソロをフィーチャーした、ライオネル・ハンプトンとその楽団による1942年の活気に満ちた演奏である。 1979年、エラ・フィッツジェラルドは、パブロ・レコードからリリースしたライブ・アルバム『Digital III at Montreux』に7分超に及ぶバージョンを収めたが、それ以前にもエラは、デッカ・レコードからリリースしたアルバム『Lullabies of Birdland』に、ヴィック・ショーン (Vic Schoen) とその楽団との録音を収めている。
楽譜:

Logo

More Jazz for you.

Notice

More songs and players are being updated in Jazz Axis Database on a monthly basis.

- Thanks -

Technology & Template

Powered by (APIs)