Error calling GET https://www.googleapis.com/youtube/v3/search?part=id%2Csnippet&type=video&q=You%5C%27d%20Be%20So%20Nice%20to%20Come%20Home%20To%20jazz&maxResults=10&order=relevance&topicId=%2Fm%2F03_d0&videoEmbeddable=true&key=AIzaSyBA32dkX9mPTX4GUCNU0ULUSiRyNd3ELHk: (403) The request cannot be completed because you have exceeded your quota. You'd Be So Nice to Come Home To ( ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ ) -ジャズスタンダード曲 | JAZZ AXIS

You'd Be So Nice to Come Home To ( ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ )

発表・制作年:
1942
Wiki説明:
「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」(You'd be so nice to come home to)は、ジャズのスタンダード曲。コール・ポーター作曲で、1942年に発表された映画 "Something to shout about" の挿入歌である。映画ではジャネット・ブレアとドン・アメチーが歌った。またダイナ・ショアのレコードが1943年のヒットチャートに入った。 戦場に送られた青年が、愛する女性を思う気持ちを歌い上げたナンバーである。 色々な歌手により、またインストゥルメンタルとしてカヴァーされている。ウディ・アレンの映画『ラジオ・デイズ』ではダイアン・キートンが歌っている。 なお、題名は「あなたが待っている家に帰って来られたらすばらしいだろう」という意味であるが、『ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ』という題名で、日本では普及している。ジャズ評論家の大橋巨泉は「帰ってくれたらうれしいわ」という訳題をつけた。 YouTubeでも、この曲の多くの関連動画がアップロードされている。
楽譜:

Logo

More Jazz for you.

Notice

More songs and players are being updated in Jazz Axis Database on a monthly basis.

- Thanks -

Technology & Template

Powered by (APIs)